化石発掘!アクティブ・ラーニングの授業体験!

Pocket

 

こんにちは。お久しぶりです、ひなたです!

先日、小学校の授業を体験する機会がありました。

教育界でよく話題になっている、「アクティブ・ラーニング」型の授業が体験できる貴重な機会でした。

アクティブ・ラーニングとは、能動的学習と訳されていて、こどもが主体的に行う、対話的で深い学びなどと説明されています。

簡単にいうと、学校で先生から一方的に

「いいですか。これはこういうものです。わかりましたか。」

 

と、一方的に行われる受け身的な学習ではなくて、こどもたちが自ら動いたり考えたり、話す機会を通して能動的に学んでいく学びのことを指しています。

こういった授業では、現代のほとんどの学校教育では時間やモノ、お金が必要なことも多く敬遠されがちです。

しかし、それらの労力をかけたぶんだけ、子供達の記憶に鮮明に残り、より深い学びになることが期待できます。

まさに、ハイリスク・ハイリターンの教育方法と言えると思います。

(手法にもよりますが・・・!)

 

今回はそんな学習方法を体験できる機会でした。

 

教室に集まり、講師のかたが栃木県にある木の葉化石園でとられた石片をひとりひとつくださり、ハンマーとドライバーで割って、化石をみつける作業を行いました。

 

その石片がコチラです↓

 

この岩石ブロックの縞模様を、葉理といいます。

この葉理を叩き、縞模様を剥がすと、パカッと綺麗に割れ、面が現れます。

この面を葉理面というんですね。

 

割った画像がコチラ!

 

これはちょっと段々に割れてしまっていますが、1回ハンマーをいれるとバラバラと崩れてしまうことなく、すべすべの葉理面があらわれます。

 

今回は葉っぱの化石をみつけることができました。

このあと本当は葉のつくりを観察し、葉の特定を行うのですが、この化石の葉は、先端である葉頂、つけねである基部、葉脚が確認できなかったため、ひなたは特定することはできませんでした(・・;)

 

この化石は、白や灰色の数ミリの薄いケイソウ質の泥層が重なったもので、穏やかな水の流れ込む場所で堆積したものと思われます。

今回写真がないのですが、水草の化石も共に見つけたために、この場所には昔水があったこと、それもそれらが化石として後世に残るような穏やかな湖であったことがわかりました。

 

 

話をアクティブ・ラーニングの話に戻しますが、このような体験を行って得た学びは、より鮮明に記憶に残り、もっと学びたい!という意欲もぐんぐんわいてきます。

ひなたが小学生の頃の地学の授業では、

「岩には花こう岩やれき岩、でい岩などの種類があって、化石が含まれているものもあるんだよ。」

と口頭で教えられ、教科書を見て、ノートに書き留めただけで、その感想も「ふーん。そうなんだ」というもので、テストのために暗記しなきゃな、という勉強を行っていましたが・・・

そのためひなたはあまり石に興味は沸かず、ただの生活と切り離された知識のひとつとして記憶していました。

 

が、やはり本日のような授業を行うと、化石のみつけ方、でい岩のみため、感触、割るときの音、干からびたにおい・・・味覚はさすがに使えませんが、五感をつかって学ぶことができ、より身近に、楽しく学ぶことができます。

記憶に残るのはもちろん、「なんでこんな層ができるの?」「どうして力をいれて叩いても割れないんだろう」「これはいつ頃のものかな?」と、次の学びに繋がる疑問がどんどん出てきます。

この学びをみつける力と、それを解決しようとする能力こそ、本当の学力といってもいいのではないかと、ひなたは感じています。

そしてこのような能力は、やはり従来の教授型の受け身の授業で身に付けるのは難しいのではないでしょうか。

 

このような主体的な教育について、これから少しずつ考えたことをアップしていきたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA